包茎にはいくつかの種類があり、それぞれによって治療法や手術の要否が変わってきます。

 

真性包茎・カントン包茎・仮性包茎のそれぞれの特徴について

 

では実際にはどういった種類があるのかというと、これは真性・仮性・カントンの三種類になります。
まず真性包茎についてはどういった状態かというと、見分けるポイントになるのは「勃起した際に亀頭を完全に露出させることが出来ない」というところです。

 

真性に至るまでのパターンにはいくつかの種類がありますが、基本的には包皮と亀頭が癒着している、体質的に包皮の出口がせまくなっているのどちらかに分類されます。

 

常に亀頭の出口が狭いことによって雑菌が繁殖しやすくなり、それによって陰茎が悪臭を放ったり亀頭の成長が妨げられるなどの問題がありますので治療が必要なタイプです。

 

次に仮性包茎ですが、これの見分けるポイントは「勃起した際に亀頭を露出できる」というところです。
軽度の場合は勃起していない時でも亀頭が少し露出していますし、重度の場合は亀頭が露出していないものの手で包皮を剥くことが出来るようになっています。

 

この仮性包茎の場合はそこまで恐ろしいというわけでもなく、実際海外などでは特に珍しいものでもありません。
むしろ日本の仮性包茎が特殊だという考え方が特異なだけですから、気になるようであれば治療するという程度で問題は無いでしょう。
そして三つ目のカントン包茎ですが、これは最も危険度が高いタイプです。

 

見分けるポイントとしては「勃起していない状態であれば亀頭を露出させることができるが、包皮の出口が狭く包皮を剥く際に力を入れなくてはならず、勃起した際に亀頭を完全に露出させることが出来ない」というところになっています。
この原因は包皮の出口が狭いことにあるのですが、この状態ですと雑菌が繁殖しやすいため感染症リスクが高く、かつ亀頭の発育が遅れやすいという問題が出てきます。

 

さらに症状が悪化すると性病リスクの増大や亀頭・包皮の炎症などを引き起こすことになりますから泌尿器科やクリニックで治療が必要です。

 

包茎は症状によって大きな違いがありますので自信の状態をしっかり把握し、必要に応じて治療や手術を受けるようにしましょう。