包茎の原因

 

どういった原因で包茎になるのか?

 

男性は下半身の悩みを抱えている人が多いですが、特に包茎は不潔になりやすい、性行為がうまくできない、見た目のことでコンプレックスがあるなどで特に多い悩みとなっています。

 

まずはなぜ包茎になるのか、その原因も知っておきたいですが、先天的な要因と、後天的な要因があります。
先天的な原因としては極端にペニスが小さいこと、そして十分なサイズがあるにもかかわらず、包皮が多いために包茎となってしまうことがあります。

 

後天的な要素としてはマスターベーションの方法が間違っており、包皮を伸ばしてしまうことも考えられます。
いずれの場合にしても、こうした悩みは治らないのではなく、正しい治療を行うことで解消されます。

 

そして、包茎と呼ばれる症状にも様々な種類があり、軽症であれば特に治療が必要がないということも少なくありませんし、真性包茎などの場合はやはり治療は必要と言えるでしょう。
治療が必要なのかどうか判断が難しい場合は、まずは診察を受け、治療が必要であるか医師に判断してもらうのも良いでしょう。

 

治療は多くの場合は手術で行われます。手術は余計か皮を切り取り、縫合していきますが、日帰りで行えることがほとんどで、治療時間も短時間で終わることができます。
そして、施術後はアフターケアも大切となりますので、入浴がいつから行えるのか、性行為はいつから再開してよいのか、きちんと確認し正しいケアを続けていきましょう。

 

手術の費用としては、真性包茎と判断されれば保険適用で手術を行うこともでき、この場合はかなり費用も抑えることができます。
泌尿器科などで施術を受けることができますが、見た目についてはあまり重視されませんので、治療を行ったことがほかの人にわかってしまう可能性もあります。

 

より美しい仕上がりにしたい、施術を受けたことがわからないような仕上がりにしたいという場合は美容外科やメンズクリニックでより高品質な施術を選ぶこともおすすめです。