衛生状態が悪い

 

包茎のために性病・病気になってしまうケースもあるの?

 

包茎は亀頭部分が皮で包まれていることによって、どうしても衛生状態が悪くなってしまうものです。

 

そのため、それが原因となって病気や性病に繋がることも有ります。

 

まず、皮を被ったまま不潔な状態にしていると皮の中で雑菌などが繁殖することになりますから、様々なトラブルを引き起こす恐れがあります。

 

時に不潔にしていたことによって陰茎がんになってしまう恐れもあるので、性器の衛生状態を気をつけることがとても重要な事になります。

 

次に性病に感染しやすくなってしまうというデメリットもであり、亀頭が完全に露出した状態であれば衛生状態を保ちやすいので保菌者と性行為をした場合にも、事後のシャワーで菌が洗い流されて感染しないというケースもあります。

 

しかし、包茎の場合には菌が皮の中にとどまることになるので、洗い流すことができなければ性病に感染してしまうリスクは高まってしまうことになるのです。

 

このような理由があるため、包茎というのは健康被害を及ぼす恐れもあるため放っておくわけには行かないのですが、手術や治療をするのかというのは程度にもよります。

 

普段は皮を被っていても勃起時に無理なく亀頭が露出したり、通常時でも剥こうとすれば簡単に剥くことができるものであれば清潔さを保つことを意識して日頃から綺麗にしておけば見た目意外の問題にはなりませんが、皮を剥くことができない真性包茎であったり無理やり剥くと皮が戻らなくなってしまうカントン包茎などに関しては健康被害が出るおそれがあるものなので放って置くわけには行きません。

 

また、このような包茎の場合には見た目が気になるという人も多いものですから、そのまま放っておかずに手術をしてみると良いでしょう。
もちろん手術にはリスクが有りますから、それが不安だと思う人もいるかも知れませんが重度の包茎を放置しておくというのも同じようにリスクの高いものとなるので、そのあたりをよく考えて治療をするかどうか決めてみると良いでしょう。