包茎手術を受けるとき、どの医療機関を選ぶのがいいか迷うことは多いでしょう。

 

泌尿器科かクリニックかどっちで包茎手術を受けるべきか?

 

最近は包茎専門クリニックも登場していますが、安さで決めるなら泌尿器科のほうがお得です。
泌尿器科だと真性包茎に関しては、健康保険が使えるケースが多いのです。
専門クリニックは保険適用外となることが多いです。

 

安さだけで選ぶなら泌尿器科がおすすめですが、技術力や仕上がりで選ぶなら専門クリニックがいいでしょう。
何よりも多くの治療実績があるので、失敗率が非常に低いです。
包茎は治ればいいものではなく、仕上がりも非常に大切なのです。
包皮がむけるようになっても、見た目が悪くなっては別のコンプレックスが生まれてしまいます。
傷跡がひどくて治療がバレてしまう、ツートンカラーになった、包皮が突っ張ってSEXの快感が激減した、などなど。
治療が失敗するならば、いくら安くてもまったく意味はありません。

 

痛みに対して抵抗がある方は、完全無痛の手術がおすすめです。
麻酔にも様々な種類がありますが、理想的なのは眠っている間に手術が終了するものです。
マスクを使用した麻酔なら、注射器の痛みすら感じることはありません。
気がついたら治療が完了しているのです。
包茎治療を受けたいけど、メスを入れるのが怖いという方は多いでしょう。
特に包皮を被っている方は亀頭が非常に敏感になっており、指で触れても痛みを感じることがあります。
そのような敏感な部位にメスを入れられることは、非常に勇気のいることでしょう。
少しの痛みも我慢したくない方は、完全無痛治療を可能とするクリニックを探しましょう。

 

大人になってからの包茎は、何もせずに治ることはありません。
いつか治療をしたいと先延ばししているなら、思い切って決断をしましょう。
コンプレックスは早く解消したほうが楽です。
将来的に手術を受ける気持ちがあるならば、1日でも早く決意するべきです。
年齢を重ねるほど治療を受けることに抵抗を覚えるようになります。