日本人男性と外国人男性

 

包茎の男性は全体の何割ぐらいなのか?

 

包茎とは通常であれば勃起することによって露出する陰茎が皮を被ったままの状態になってしまうものを指しており、それによって汚れがたまりやすく臭いがきつくなったり、刺激に弱くなるので早漏になりやすくなるなどのデメリットがあります。このようなことから男性にとって派生のコンプレックスとして非常にポピュラーなものとなっており、手術などの治療を検討するというケースも少なくないようです。

 

では、日本人男性のどれくらいが包茎で悩んでいるのかというところですが、実は意外なことに7割前後の日本人男性が包茎状態であるという統計があがっています。また、包茎には3種類ほど種類があるのですが日本人に多いとされているのが仮性包茎と呼ばれている種類のものとなっており、恥垢が溜まりやすく早漏になりやすいのもこの種類の特徴です。ただ、従来の陰茎のスタイルとしては自然な姿であると認識されていることも多いため治療をしないというケースも多いのが特徴となっており、これによって日本人男性の多くは手術での治療というものを想像しないという風潮があるようです。

 

では外国人の男性はどうなのかというと、国によって異なっているのですが包茎の割合は非常に低いとされています。というのも、特にイスラエルなどの宗教的な考えが強い国などでは戒律によって生まれてまもなく包皮の除去手術をするようになっているためそもそも皮を被った状態ということがないですし、アメリカなどでも最近までそのような手術をされていたことから包茎を抱えている人は少ないとされています。

 

このようにそれぞれの国の文化などによって発生率が異なっているようですが、日本と比較すると外国ではこのような悩みやコンプレックスを抱えていることはほとんどないとされています。つまり包茎は日本の文化ならではの悩みとなっており、このことから治療や手術に関しての知識や技術は日本が最先端となっているとされています。