包茎治療の種類

 

包茎手術・包茎治療には様々な種類が存在する?

 

日本特有の性の文化などの問題で、日本人男性のおよそ7割前後は包茎を抱えているという問題があります。包茎自体は自然の摂理となっているので問題はないのですが、パートナーとの性交渉の際に嫌がられることも多いですし男性側にとってもコンプレックスを感じてしまう要因となっているため、最近では専門のクリニックや泌尿器科を利用することによって手術などをはじめとした治療を利用することができます。

 

では、実際に医療機関で受ける事ができる包茎手術や包茎治療にはどのようなものがあるのでしょうか。以前の手術では皮を切ってしまえばいいというスタイルが一般的でしたが、最近ではただ包皮をかぶらないようにすればいいと言うだけではなく保存的な手術や治療が進められるようになってきており、保存両方として手術をせずに治療するという方法も増えてきています。

 

近年行われているものとしては「中央部環状切開縫合術」「クランプ法」「根部形成法」「亀頭直下法」「ノン切開法」「埋没型包茎手術」などが挙げられており、ほとんどのものは余分なほう日を切除することによって亀頭を露出させやすくしているものとなっています。その中でも主流として利用されているのが亀頭直下法であり、これは切除した包皮の部分が目立ちにくくなっているため一番自然な仕上がりになるということで人気を集めています。

 

手術以外の治療方法としては縫合することによって余分にあまっている包皮を抑えるというものも人気を集めており、包皮が被りにくくなったり薬剤で接着するなどのスタイルも利用されるようになって来ています。これによって切除などに対して不安を感じている人でも安心して治療を受ける事ができるようになっていますし、包茎だけではなくほかのコンプレックスも解消することができる方法もあるようです。
このようなことから最近の包茎治療では、患者の要望に沿って多種多様な治療の選択ができるようになってきているといえます。