包茎矯正器具について

 

包茎矯正器具による包茎治療について

 

包茎とは勃起しても亀頭が包皮に包まれている状態のことを指しており、日本人男性の多くは自分で剥くことによって亀頭を露出させることができるのですが、場合によっては自分で剥いても露出することができないという深刻な包茎を抱えている人もいます。このような状態は男性にとってはコンプレックスを感じやすいですし、女性にとってもあまり歓迎されるものではないことから手術などの治療を検討したいという人も多いようです。

 

ですが、実際に手術をするとなるとやはり陰茎部分ということで恐怖や不安を感じる男性も多く、最近では手術などで皮を切除せずに治療をすることが大切だという風潮もあります。そのような中でどのように包茎を治療するのかというところが重要になるのですが、その中で注目を集めるようになったのが包茎矯正器具と呼ばれるものです。これは仮性包茎に利用することができるものであり、根本的な治療をするというわけではないのですが包皮が剥けやすくなるように支援することによって状態を改善することができる器具のことを指しています。種類としてはリングタイプ・下着タイプ・シールタイプなどがあり、いずれも余分な包皮が亀頭に被さらないよう器具で固定することで亀頭を露出する状態を維持することができるという効果を持っています。

 

ではこのような器具を使用することによって危険性はないのかというところは不安に感じている男性も多いのですが、もちろんデメリットもいくつかあります。特にリングタイプやシールタイプの場合は長時間装着していると血流を悪化させたり炎症を起こしてしまうことがありますし、最悪の場合は勃起不全などの重篤な状態を引き起こしてしまうことがあります。そのため、器具の利用を検討する場合には自分の包茎のタイプで利用することができるのかどうか、どのように装着するのかなどの取り扱いをしっかり熟知しておく必要があり、デメリットなども把握しておくことが大切になります。