包茎は治療すべきものなのか?

 

手術や治療をして包茎を治すことは必要なことですか?

 

包茎と言うのは日本人男性の約6割程度がその状態であると言うデータもある程なので、決して珍しい物ではありません。
また、排尿すると言う事だけで考えるのであれば、それ程問題もなく治療する必要すらないと考える人もいるでしょう。
そもそも男の子の赤ちゃんは生まれた時は皆包茎ですが、何も問題なく成長していく事が出来ます。
では、そもそも包茎は手術・治療で治す必要があるのでしょうか、それとも放置しておいて良いのでしょうか。

 

これはその人の男性器の状態によって変わってくると言えます。
例えば亀頭を露出する事が出来る仮性包茎の場合は、自分自身が衛生面に気を付ければ何ら問題は有りません。
お風呂に入る時に包皮を引っ張って亀頭を露出させ、きれいに洗っておけば臭いや汚れなどを防ぐ事もできます。
勿論性行為で何ら不都合があるわけではありません。
当人にとっては見た目が気に入らないなどもあり何とかしたいと思うかもしれませんが、それは機能面ではなく審美面を重視した治療と言う事になります。

 

ただ真性・カントン包茎の場合は話が少々変わってきます。
そもそも亀頭を露出する事が出来ないと言うのは衛生的にも良くありません。
またカントンの場合は露出した亀頭を元に戻す事も出来ず、結果的に壊死してしまう事もあるので放置する事自体がとても危険です。
この場合は外科的な手術などを行って治療する必要があります。
そうする事によって衛生的にする事が出来るだけでなく、余計なトラブルを起こさなくて済むようになります。

 

従って、包茎は手術・治療をする必要がある場合とそうではない場合に分かれると言う事が言えるでしょう。
ただやはり男性器に対して悩みを抱いている場合、コンプレックスを抱いている場合と言うのは治療の対象に十分なり得ると言えます。
その改善法の一つが手術で、露出する事が出来ない亀頭を露出させたり、余っている包皮を除去する事が出来る方法で、泌尿器科やメンズクリニックでこの手術は行われています。"