包茎手術は日帰りでできちゃう?

 

包茎手術を受ける時には入院しなければいけないのか?

 

男性にとって非常に大きな悩みの一つであり、この問題に直面している割合が非常に大きいのが「包茎」です。人間はみんな生まれた時にはこの状態ですが、成長するにつれて亀頭が露出する状態になります。本来、こういったプロセスで成熟したペニスになるのが理想ですが、日本人男性の半数以上は成人後も亀頭が露出しない状態(包茎)になってしまいます。

 

亀頭がしっかりと露出しているペニスと比べるとサイズが小さくなりやすい、衛生面が悪化する、快感を得辛いなどのデメリットもあるにはあるのですが、基本的に言えば包茎だからと言って絶対的に困るような事態は無いので安心しても大丈夫です。しかし、多くの男性は包茎であることに対してデメリットを強く感じ、女性との性交渉に消極的になってしまうこともあります。そこで、手術によって症状の治療を考える訳です。

 

包茎手術にいくつかの方法があり、それぞれによって費用や体への負担は変わります。費用に関してはクリニックに確認した方が早いので割愛しますが、手術の時間や入院の必要性に関しては一定の目安が存在しています。

 

基本的に包茎手術に掛かる時間は、長くても1日以内で終わることがほとんどです。おおむね1時間以内で終わる簡単な手術である為、大きな失敗の心配もありません。ただ、100%成功すると言う訳では無いので、事前に方法やリスクなどに関してしっかりとカウンセリングしておく必要があります。

 

ほとんどが日帰りで治療を受けることが出来る手術ですので、基本的に入院の可能性は無いと言えます。術後にもアフターケアのために通院が必要になることはありますが、日帰りで対応できるので会社などへの影響を心配しなくても良いのは安心できる材料です。ただし、稀に入院による経過観察などが必要になることはある為、万が一のことも事前に考えておいた方が良いでしょう。入院と言っても一日程度が普通で、数日間の入院が必要になるようなことはまず起こりません。