包茎手術料金は?

 

包茎手術にかかる料金はいくらぐらいですか?

 

なかなか人には言えないペニスの悩み。中でも包茎で悩む方は非常に多いと言われています。海外では、成人になる前に、手術を行うのが一般的な国もありますが、日本の場合は、成人になれば成長と共に、状況が変わるだろうとの楽観的な見方が多く、包茎の悩みを抱えたまま、少年、青年期を過ごす方が圧倒的に多いのです。

 

包茎の治療法としては、手術がもっとも有効です。仮性、真性、カントン、埋没と大きく分けて4つの包茎のタイプがありますが、基本は、皮をメスで切って、縫い合わせるといった比較的簡単な手術が行われます。

 

特に、真性、カントンの場合は、垢が溜まりやすく、ニオイや炎症を引き起こします。更に、女性から良く思われない、コンプレックスなどの悩みに繋がる為、出来るだけ早く治療を行うのが賢明でしょう。入院の必要が無い為、日帰りで手術が可能ですし、職場などに知られることなく行うことができます。

 

包茎手術の費用に関しては、真性、カントンなどの程度が進んでいる場合は、日常生活に支障をきたす病気とみなされます。

 

その為、保険が適用されれば、自己負担は1万円〜3万円が相場となっています。一方で、仮性包茎は、生活に支障があるというよりは、見た目が良くないという理由や精神的な理由で処理されるため、健康保険が適用されず実費となることが多いでしょう。また、包茎手術を行う場所としては、病院の泌尿器科、もしくは成形外科などの専門クリニックとなります。保険の適応を考える場合は、病院の泌尿器科を受診しましょう。

 

形成外科等の専門病院の場合、健康保険の適用外となります。一方で、費用は高くなりますが、丁寧な施術が期待できるでしょう。特に、縫い合わせの際に、キズを目立たないようにしたいという要望があれば、成形外科での施術がおすすめです。このように、個人の症状や状況に合わせて選択することが可能です。包茎で悩んでいれば、まずは、専門家に相談してカウンセリングを受けてみましょう。